foodbiz.asia

post by Miki Michihata
news

AmazonがWhole Foods Marketを買収!

2017年6月17日 06:56 - Miki Michihata
Amazon が Whole Foods Market を約137億$(約1兆5千億円)で買収するというニュースが入ってきました。びっくり!です。とはいえ、当然の流れかもしれません。Amazonは、日本でも始めた、生鮮食品を含むネットスーパー、amazon Fresh を拡大していく構えですし、Whole Foods もかっこつけてるビジネスだけでは、当然先が見えています。Whole Pay Check (給料を全部持ってかれる)と言われるグルメ高級ストアのWhole FoodsMarket、最近では、365 by Whole Foods という価格抑えめラインの業態を展開し始めていましたが、うまくいってなかったのですね。 

一方の、Amazonは、リアル店舗 amazon Goを昨年開業し、ガンガン食品小売業市場を侵食始めています。今後2千店舗に展開するらしいですが、こんなもんすぐですね。世の中から現状業態のスーパーマーケットはなくなってしまうかもしれません。

日本同様、スーパーマーケット業界の競争は熾烈を極めています。巨人Walmartもオンライン化を進めていますし、リアル市場では、ドイツのハードディスカウンターAldi,Ldlが、ここに大きな投資をもって、土俵に上がってきました。世の中には、オンラインスーパー、ディスカウントストア、コンビニと、あとちょっとのグルメスーパーくらいしか残らないかもしれません。
 
 Wall Street Jounal 2017.6.11 「Aldiが今後900店舗を米国で展開、今後5年で50億ドルの投資」
 Supermarket News 2017.6.15 「Lidleが6月にヴァージニアで1号店。来夏まで100店舗展開」

 スーパーマーケットの魅力?たまたま最近読んだマッキンゼーのレポートは、結局、食品小売業は、オンラインでいかに頑張るかだと説き、最後は、買い物する楽しみも見逃せないとノスタルジックかつ心情的なコメントで終わっていましたが、わざわざスーパーに行く、広い店舗をピックアップしていく、レジに並ぶ、重たい荷物をもって(あるいは車に積んで)帰る、、この時間と買い物するリアルな楽しみを天秤にかけると、どうなるんだろう。

 たまたま昨日、ヤオコーさんの新店舗、南古谷店へ行っておりました。惣菜や生鮮食品は、すばらしい品揃えです。米国のスーパーを感じさせる店舗の装飾ですが、こんなに楽しそうな売り場でも、買い物がルーチンになると、家にいて、持ってきてくれた方が有難いのに決まっています。あとは、配送料の問題と配送のタイミングくらいでしょうか。

 CNBCのニュースでは、すべてがAmazonになっちゃう!終わりだ~とキャスターが叫んでいますが、Whole Foods Market好きの私も共感します。
食品以外の部門でもごっつい勢いです。   amazon,ダッシュとかいう魔法のボタンもすごい。ほんと、日本のスーパーマーケッターの皆さん、心したほうがいいですよ。

 Wall Street Jounal 2016.6.16 "Amazon to Buy Whole Foods for $13.7 Billion, Whole Foods would continue to operate stores under its brand"
 
この記事の執筆者:
Foodbiz-net.com設立者
道畑美希
AmazonがWhole Foods Marketを買収!
  • 気に入ったらいいねしよう!
    FoodBiz.asiaは、広い視点でアジアの外食ビジネス情報をお届けします。