foodbiz.asia

post by Miki Michihata
news

頑張れくまモン!8月6-7日に二子玉川で支援バザー開催!

2016年7月10日 17:27 - Miki Michihata
 熊本県御船町に行ってきました。テレビでよく報道される益城町の隣町で、被害の大きなところです。台湾の友人が日台友好のため(政権も変わったですしね)、日本に台湾バナナを送るというので、どうせなら熊本へとお願いしたところ、10ケース(100㎏)を御船町に寄贈いただきました。100キロといっても700本、町の保育園と幼稚園の子どもたちのおやつにしてもらいました。
kumamoto_banana_tanoueshinobu.jpg
<<猛暑の中軽トラでバナナを7つの幼稚園保育園に配布してくださった田上さん、左の方、みなさん笑顔でありがとうございます。>>


 人口約1万5千万人の世帯数約6,200世帯の町で、損壊、全壊した家が5,800棟だから、町民のほとんどが何らかの被害を受けていることになります。東北の地震ほど甚大ではないようですが、飛行機から見ると、このあたりはブルーシートを被った家ばかり。神戸の地震の後、何年もブルーシートが消えなかったことを思い出します。
higai joukyou mifunemachi.JPG
<<町役場ではいろいろな情報が、被害情報も毎日更新されています。>>

 4月の地震から3カ月、避難所は継続中、仮設住宅の設営がこれから進むというところでした。訪問した保育園で、建物が損壊した園がありました。町役場のそばで使わなくなっていた建物を急きょ保育園に、間仕切りをして80名ほどお園児が遊んでいますが、広い園庭があったのに、地震後は狭い場所で、まあ先生方は大変です。それでも、皆元気ですね。バナナおいしかったよ~と声をかけてくれ、ハイタッチの応酬に会いました。力強いです。これから暑くなるけど頑張ってね~!
takagihoikuen mifunehoikuen.JPG
takagihoikuen kids mifunemachi.JPG
<<広い園庭もなくなってしまって、仮住まいですが、子どもたちは元気いっぱい!>>

 いくつかの園を訪問しましたが、プールが崩れてなくなり、園庭のど真ん中に亀裂。建物自体不安という園にも伺いました。その近くで、仮設住宅の建設が始まっていましたが、それぞれに優先されること、町内の調整など、、いろいろな課題があるようですが、とにかく前に進まなければならない現状です。

takioyouchien mifunemachi.JPG
<<園庭ど真ん中に地割れ。園長先生宅も教室になっています滝尾幼稚園>>

 まだまだ支援が必要です。壊れた家や決壊した土手などにブルーシート、土のうなど、、ご支援の窓口は、御船町町会議員のたのうえしのぶさんまで
 東京二子玉川ライズでは、8月6日(土)~8日(月)の3日間、熊本復興支援のためのバザーも開催されるそうです。どうぞご参加ください。
shiennbusshi mifunemachi.JPG
shiennbusshi2 mifunemachi.JPG
<<全国から支援物資が運ばれます。一戸ずつ種分けするのも大変な作業です。>>


 

この記事の執筆者:
Foodbiz-net.com
道畑美希
頑張れくまモン!8月6-7日に二子玉川で支援バザー開催!
  • 気に入ったらいいねしよう!
    FoodBiz.asiaは、広い視点でアジアの外食ビジネス情報をお届けします。